プロフィール

シホリン☆

Author:シホリン☆
はじめまして、シホリン☆です。

現在、エアラインスクールAir Net東京校でスタッフ兼講師をしております。

私は羽田空港でANAのGS(グランドスタッフ)をしていました。音大でピアノを勉強していた私が、なぜか航空業界に興味を持ち、二度目のチャレンジで入社。

Air NetのセミナーではANAでの経験を沢山盛り込みながら楽しく、そして気軽に質問出来るよう明るい授業を心がけています♪
でも、みなさんの夢を叶える為には、ときには厳しいことも言いますが、
一生懸命指導しています(*^ ^*)

エアライン業界に興味がある方、受験を考えている方、ぜひ覘いてみてください☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランドスタッフのお仕事 【訓練編2】

みなさまお待たせしました

本日はグランドスタッフのお仕事【訓練編】のパート2として、「どんな勉強をするの
ということでいくつか紹介したいと思います


突然ですが、皆さんは時刻表をじっくり読んだことがありますか

私はこの業界に入るまであまり時刻表を見たことがありませんでした

しかし航空会社にとって時刻表は、お客様の心をつかむ大切なツールです

というのは路線のことだけでなく、キャンペーンのことや様々な航空運賃の案内、その特典などお客様が欲しいと思う情報が満載だからです

ですから特にGSはお客様からの質問に瞬時に答える為にも、時刻表を丸暗記するくらい読み込む必要があります

それから次に必要なのは各空港のスリーレターや航空会社を表すツーレター、そして専門用語の数々・・・。

例えば、羽田空港=HND、伊丹空港=ITM、沖縄空港=OKAなどなど日本中のを覚えます。国際線担当になるとさらに増えるのはお分かりかと思いますが、これが結構大変です

それらを頭に叩き込んだら、今度は端末操作

最初はGSになったんだ?という実感がわき嬉しいのですが、これもまた覚えるのが大変

PCが苦手だった私は悪戦苦闘毎日居残り勉強でした

でもそのおかげで卒業試験の時はばっちりでした

端末操作では予約の確認の仕方、取り方、変更の仕方などを決められた時間内に実施。

それができるようになったら、チェックインの仕方、搭乗便の変更、お席の変更などを実践。

操作ができるようになったら、今度はモックアップで会話も付けながら実施・・・というように

だんだんステップアップしていきます。

その他にもゲート業務の知識や空港施設内のロケーションを覚えたり、メイクレッスンがあったりと

毎日テストの厳しい訓練が1ヵ月弱続き、最後の卒業試験にパスすれば、はじめてお客様の前に立てます

ということで、同期も口をそろえて言ってましたが、「今までで一番勉強した」というくらい大変ですが、GSの制服を着て空港を歩く姿を想像して頑張りました

そんなに大変なの・・・とちょっと不安になってしまった方もいるかもしれませんが、大丈夫

もっとグランドスタッフのことが知りたいと思った方はぜひこちらをチェックしてください。
セミナーではGSの仕事内容について詳しくお話します
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪ - ジャンル : 就職・お仕事

<< エアラインスクール:エアネットのコースについて | ホーム | 航空業界面接(よくある質問?) >>


コメント

本当に覚える事は半端なくありますよねv-12
私も教育中は帰宅してからは毎日復習して、テストに備えていましたv-222

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。